« 青春18きっぷ2011春 | トップページ | 「そして名探偵は生まれた」 »

2011年3月 8日 (火)

車内マナー

 へえ~。JR東日本が迷惑な座り方をしにくい座席シートを開発して、6月から山手線の車両に試験的に導入するというニュース。なんでも、座面の両側を高くして脚を広げにくくし、さらに座面の凹みを奥へ移動して背もたれを垂直にすることで、足を投げ出して浅く座りにくくしたものという。JR東日本のwebサイトにプレスリリース(pdfファイル)があがっている。
 混雑時に、まともに座れんのかいっ!親の顔が見たいぞ、と思うような、浅く腰かけて脚を投げ出しているバカ男っているからなぁ。ほんとに足元に線を引いて、ここからはみ出している足は自由に蹴飛ばしたり踏んづけてもいい、というルールがつくられないものかと思ってしまう。そうかと思うと、リュック背負ったり幅のあるショルダーバッグかけたまま吊皮につかまって後ろを通る人の顰蹙に気づかないバカ女てのもいるしな。あ、相変わらず口が悪くてすみません(笑)。
 ただ、こういうのはマナーの問題なので、今回のように座席そのものをそうしにくくするように改造するというのは、ちょっと違うんじゃないのという気もする。教育の放棄なのでは。そういえば阪急で一般の座席にも譲り合いの心を広げるために、あえて車両の優先席を廃止したものの、結局は思うようにならなくて優先席を復活させたというような例もあった。社会的なマナーが、もはやソフトでは対処できずハードの変更をせざるを得なくなっているとしたら、なんだかな~と思ってしまう。

« 青春18きっぷ2011春 | トップページ | 「そして名探偵は生まれた」 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

無料ブログはココログ