« 「さよなら妖精」 | トップページ | 青春18きっぷ2011春 »

2011年3月 6日 (日)

今井君

 マラソンシーズンも終盤にはいり毎週のようにレースが続く。今日はびわ湖毎日。男子のレースはあまりに不甲斐ないので見る気がしないけれど、今日は今井君が走るというのでテレビをながら見。箱根山の主役が柏原に交代したいまも、元祖山の神順大今井の力走は記憶に新しい。その今井がトヨタ自動車九州にはいってマラソンを走りはじめたものの、今ひとつパッとしない。ここらで標準タイムをきって世界陸上へ名乗りをあげてほしいものだ。
 終わってみれば、レースは2時間6分13秒の好タイムであっさり大会記録を塗り変えたケニアのキプサングの強さばかりが目立った。あの軽やかな走り。最初から最後まで変わらない。何事もなかったかのように軽やかにゴール。3位にはいった堀端の苦しそうな走りとは好対照だ。これが同じスポーツをしている選手かと思う。堀端もあの頑張りでぎりぎり3秒とはいえ標準記録を突破したのは立派だけど、あれがいっぱいいっぱいではタイム差以上に世界のレベルとの圧倒的な差を見せつけられた感じ。
 その堀端と終盤まで争いながら結局ずるずる遅れてしまった今井君。自己記録は更新したものの、後半が課題だった前回のレースとまた同じ結果に。たぶん本人が一番悔しい思いをしているだろう。なら、これ以上何も言うまい。
 人が走っているのを見ると走りたくなる。先週ずっと体調を崩していたので、昨日は自重して室内でバイクを漕いだけれど、3月の陽気にはとても耐えられなかった。今日はまた好天だったので一週間ぶりに走りに出る。体調を推し量るのには走るのが一番。まだまだ本調子には遠く息切れしたけれど、とりあえずは走れたのでよしとしよう。もう本番まで3ヶ月を切っている。
 今日のランニング。11.0 km/77 min。今月の累計距離 11.0 km。

« 「さよなら妖精」 | トップページ | 青春18きっぷ2011春 »

スポーツ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ