« 英語講義 | トップページ | 「いっしん虎徹」 »

2011年5月12日 (木)

トイレットペーパー

 JR北海道が6月中旬までに有人駅すべてにトイレットペーパー設置。これは久々のビッグニュースだなあ。ぼくの身体的弱点はというと、頭と顔を棚にあげると何といっても消化器。ふだんから食べ過ぎたり飲み過ぎたりするとすぐに下痢するし、緊張する場面や大事な仕事の直前などにそわそわとトイレに通ったりと、IBS(過敏性大腸症候群)の傾向がある。朝の講義の直前に出勤して講義室に駆け込むなどという芸当は絶対無理。少なくとも30分は早く行って体調(腹調?)を整えてからでないと緊張する講義は乗りきれない。
 なので外出先でのトイレの確保は常に重要課題であり、ふだんの行動範囲の公共トイレの位置や様態は熟知している。通勤経路のJR駅などは最たるもので、なかでも朝の桑園駅はお世話になる頻度がかなり高い。その札幌圏のJR駅トイレにトレペがないのが不満のひとつだった。列車内のトイレには通勤車両でもちゃんとペーパーがついているのにだ。もちろんこういう欠陥体質だからティッシュペーパーの携行は必須で、財布やハンカチ忘れてもティッシュは絶対持ち歩いているから、駅のトイレでも困ることはないのだけれど、それでもトイレに常備されているのとないのとでは安心感が違う。ちなみに桑園駅には隣接した東側と西側の高架下にそれぞれイーストプラザとウエストプラザという小ぶりな飲食街があり、そこにあるトイレにはこれまでもちゃんとペーパーが常備されている。個室はそれぞれ1個しかないけれど、駅のトイレより占拠率が低いので、ぼくはそちらを利用することも多いのだけど。
 それはともかく、「設置が12日の桑園駅を皮切りに」というのが格別うれしいな。別にぼくが個人的に要望出したわけじゃないんだけど。これで朝の寄り道が少し快適になる(笑)。
 今日のランニング。6.1 km/35 min。今月の累計距離 119.4 km。

« 英語講義 | トップページ | 「いっしん虎徹」 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食と健康」カテゴリの記事

無料ブログはココログ