« 「頼子のために」 | トップページ | 天皇誕生日 »

2011年12月22日 (木)

大掃除

 冬至。これからが冬本番のはずなのに、わが家の周辺では近年にない大雪ですでに真冬だ。ただこれから少しずつ太陽の光が回復していくことだけは間違いないので、それだけを楽しみに少しずつ春を待ちわびるとしよう。
 バタバタとして12月ももうあと9日になった。明日からの3連休の後3日働いてまた3日休んだらもう新年だ。あっという間だな。1年が速い。今日はそういう日取りなのか、うちを含め周りの研究室がみんな大掃除。ぼくは事情があって9月9日以来3ヶ月半ほどまったくベンチワークをしてないので実験室の掃除は免除してもらい、オフィスの机周りの片づけだけ。といっても結構これが大変だ。学会誌などの雑誌類や会議資料などの印刷物を重ねては束ねる作業に午前中いっぱいかかる。同室のK先生があきれて「これ1年分ですか?」ときく。「うん、まあ昔のものもあるけど...(去年と同じこときくなよ)」。そうだよな昨年も同じくらい大変な思いをしたはずだ。昨年何年分も捨てたはずなのに何でまた今年何年分も処分してるんだろうか。どこから湧いてきたのだ?ひょっとしてぼくの1年分は他人の5年分くらいあるのだろうか。逆“ルー=ガルー2”かよまったく(笑)。

D1000010

« 「頼子のために」 | トップページ | 天皇誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ