« 「未明の家」 | トップページ | ALWAYS三丁目の夕日 »

2012年1月13日 (金)

アラーム音

 まあどうでもいい話だけど、10日にニューヨークで行われたニューヨークフィルの演奏会でマーラーの9番の最終楽章の弱音部の演奏中に携帯電話の着信音が鳴り響き、指揮をしていたアラン・ギルバートが演奏を中断して、音が鳴り止むまで待った後で再開した、というニュースが。情報を総合するに、着信音ではなくアラームであり、iPhoneのマリンバアレンジ音で数分間続いた、持ち主は最前列に座っていた高齢男性で、音が鳴り止むまで何もしなかった、指揮者は「終わりましたか」と声をかけたが返事がないので指揮棒をおいて待っていた、ということらしい。
 今の時代、ありそうなおそろしい話だ。キタラのように携帯の電波がシャットアウトされているホールでもアラームは止められない。電源をお切りくださいという指示にしたがうしかないのだけど、飛行機の離着陸時だって電源切り忘れる人が結構いるらしいから、根絶することは不可能だろう。間違いは誰にでもあるからすぐ止めればよかったのにね。たぶん凍りついてしまったのだろう。無理もないか。なあんていって、自分が演奏会聴いていてこんな目に(耳に?)合ったら、怒り心頭でブログで吠えまくるのは確実だけど(笑)。
 だけど、このていど?のニュースが数日のうちに世界を駆け巡るというのもすごい。平和なんだね。ついうっかりが世界中で指弾されるようなえらいことになるってのが別の意味で恐ろしいと思う。それはともかく明日のセンター試験受ける人、くれぐれもご注意を。

120113

« 「未明の家」 | トップページ | ALWAYS三丁目の夕日 »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

無料ブログはココログ