« 青春18きっぷ2012春 | トップページ | 桃の節句 »

2012年3月 2日 (金)

プレトーク

 3月の札響定期。こんなに早いのは意外。いつもは卒業式前後で、シートに腰をおろしてふ~~っと感慨に浸るという記憶しかない。まあ今年も追いコン直後ということで似たような心境ではある。
 毎度おなじみプレトーク。今夜はいつもより一つ早い地下鉄に乗ったので余裕で間にあってしまった。語りは今日の指揮者下野竜也。出てきて開口一番、「演奏会前は静かにしていたいという方もあるかと思いますが~」、おおわかってんじゃんよ。ここでぼくとしてはかなりポイントアップ。その後のしゃべりもなかなか達者で楽しめた。うまいな、このつかみ。十年一日進歩しないヘボ教師にはとても参考になった。ほんとこういう話術を身に着けたいものだよ。
 今日のプログラムはまずブラームスのピアノ協奏曲第3番という名のバイオリン協奏曲のピアノ編曲版。その編曲をしたデヤン・ラツィックというピアニストのソロ。原曲のバイオリン協奏曲は大好きでよく聴く。それをピアノにという興味ででかけたものの、できは今ひとつだった。だいたいピアノって楽器があまり好きでないこともあり、これならバイオリンで聴いた方が数段いいと思った。耳に慣れ過ぎているせいもあるかな。後半はブルックナーのアダージョとヒンデミット「画家マティス」。
 というわけで今年度の札響定期は今日で終わり。年10公演が結局8勝2敗だった。先月精神的にめげて行けなかったのを別にすれば10月の出張と重なった欠席のみ。結構がんばった。その10月のベートーベンシリーズを1回聴き逃したのはいまだに残念だけど。エロイカ聴きたかった。来年度は何回行けるかな。

Dsc_0048

« 青春18きっぷ2012春 | トップページ | 桃の節句 »

無料ブログはココログ