« 桃の節句 | トップページ | 「わらの女」 »

2012年3月 4日 (日)

最後の選考レース

 大津市のびわ湖近辺はぼくが京都の学会のときにいつも泊まる定宿があるので馴染み深い。再来週の農化大会のときもそこに行く。その見なれた道路をランナーの集団が走り抜ける。今年のびわ湖毎日マラソンは、ノーマークだった一般参加の山本亮(佐川急便)が2時間8分44秒の4位で日本人トップに。タイム的には多少物足りない気もするけれど、後半追い上げたレース運びと最後のトラック勝負で前を行く安川電機の中本健太郎を抜き去った切れ味はなかなかのもの。おそらく先週の藤原新に続いてロンドンオリンピック候補2番手に名乗りを挙げたというところだろう。
 期待された旭化成の堀端は途中までトップ集団にいたものの大柄な体が重そうで、ずるずるとペースが落ち、中本に抜かれてからはどんどん後退して結局2時間10分も切れずに11位(日本人7位)に終わった。ゴールして巨体がドタリと倒れ込んだようすをみると、マラソンは体格じゃないよなと思わされる。負け方が悪すぎ。一方、その堀端の上をいったのが今年の箱根駅伝花の2区で堂々の区間賞をとった青学大3年の出岐雄大君。2時間10分2秒と惜しくもサブテンはならなかったけど、初マラソンで堂々の9位。いやあよく頑張ったよ、大したもんだ。将来が楽しみ。
 さてさて3枠の五輪代表のうち2人はまあほぼ決定した。3人目がどうなるかが微妙なところだなあ。どうなるんだろうか。

120304
 今日のランニング。18.2 km/123 min。今月の累計距離 34.3 km。

« 桃の節句 | トップページ | 「わらの女」 »

無料ブログはココログ