« 「写楽殺人事件」 | トップページ | 相互利用相関図 »

2012年4月11日 (水)

PaSoRi

 3月末にヨドバシに注文していて、在庫切れで遅れていたパソリが今日届いた。Suica、EdyなどのICカードはとても便利だけれど、欠点は現在高や履歴がすぐには確認できないことだ。その点、おサイフケータイならば画面で確認できるので便利。しかもオンラインチャージやオートチャージに対応しているものなら、ほとんど残高を気にしないで使えるので超便利。今のところ使用頻度の高いEdy、Suica、WAONはそれで問題ない。問題なのはそれ以外のもの。たとえばKitacaはICカード版しかないので、定期区間外へ乗り越す場合、たとえば出張で新千歳空港へというようなときには残高いくらあったかなあ?と心配しなければならない。その点SAPICAはICカードながらオートチャージに対応しているすぐれ物なので便利だ。
 先月の京都出張では関西圏のJRや私鉄にずいぶん乗った。JRはSuicaで乗れるのでスマホのモバイルSuciaが使えるので無問題。ただし、首都圏以外ではオートチャージには対応していないので、残高チェックは必要だがまあ大した手間ではない。問題は私鉄で、関西圏の私鉄にはPiTaPaという共通ICカードがあるのだが、クレジットカードのひもつきカードで居住者以外は入手しにくいという難点がある、JR西のICOCAはPiTaPaと相互乗り入れしているので使うことができるけれど、残念ながらICOCA区間で使えるSuicaはそこまで対応していない。というわけで私鉄乗車時には手持ちのICOCAカードを使うことにした。が、おサイフケータイに慣れてしまっていると、改札機にタッチしないと残額の見えないICカードは不便でしかたがない。多めにチャージしておけばいいのだけれど、出張時以外に使わないICOCAにあまり残額を残しておくのもなあという気がするし。結局、何度も券売機でチャージを繰り返すはめになった。鉄道系のICカードくらい早く統一してほしいものだ。
 それはともかく、パソリがあればいつも今年こそやろうやろうと思ってやっていないe-Taxだってできる。もちろんたくさん集めている各地の交通系カードの管理も便利だ。以前はカードリーダー内蔵のvaioを使っていたので不自由なかったけれど、今のデスクトップになってからはそれができなくなっていた。まあいろいろと他にも使い道はあるしというので、遅ればせながらの導入というわけ。インストールしていろいろなカードを読みとらせてみたら、富山のpasscaと長崎のスマートカードだけは認識されなかった。ICカードもずいぶんいろいろあるから,、すべてに対応というわけにいかないのはしかたないか。あ、箱には書いてないけど、SAPICAはちゃんと読めた。

Img_3416
 今日のランニング。5.4 km/32 min。今月の累計距離 75.6 km。

« 「写楽殺人事件」 | トップページ | 相互利用相関図 »

無料ブログはココログ