« 竹冠に旬 | トップページ | 逆転現象 »

2012年4月18日 (水)

最遠のオーロラ

 久々に宇宙ネタ。しかもあなたも私も大好きな天王星(笑)。ハッブル望遠鏡が天王星のオーロラ撮影にはじめて成功とのニュース。地球、木星、土星では観測されているオーロラを天王星でも観測しようと、昨年9月の太陽嵐の直撃時に狙いを定めてピンポイントで見事に成功したそうだ。40億キロのかなた、最も遠いオーロラだ。
 写真をみるとすごい。公転面に対してほとんど横倒しにころがるように自転している天王星のようすが2枚の写真のオーロラの位置からよくわかる。あれだけ遠い天王星の地表(大気表?)の限定された部位の現象を観測できるなんて大したもんだなあ。「かすかなきらめきを画像に収めた。運が味方してくれたに違いない」とは研究チームを率いたラミー氏の言葉。まさに観測条件とたゆまぬ努力とそしてほんの少しの運のたまものだろう。惑星表面がうす水色なのは、画像処理の関係なのかな。これが目視時のような青緑色だったらもっと素敵だったのとちょっと思ったけど、いやこのままでも君は十分美しいよ。

Auroraspottedonuranus_51516_big

« 竹冠に旬 | トップページ | 逆転現象 »

無料ブログはココログ