« 大路の春を疑わず | トップページ | 「写楽殺人事件」 »

2012年4月 9日 (月)

クロマトグラフィー

 たまには仕事の話でも書かないと、いつもいつも走ったり本読んだりばかりで気楽だな~と思われても何なので。いや、まあ気楽なのはたしかなのかもしれないが(笑)。
 半年ぶりに3月末から再開したベンチワーク。新年度が始まってまた講義やら会議やらに追われる毎日に突入したけれど、だからこそこうして実験台に向かっているとホッとする。ここにはお客さんもこないし、電話もかかってこないし、メールもこない。新学期が始まったばかりで、M2はまだ就活でいないし、新M1も講義が始まって忙しそう。というわけで実験室もまだ広々としている。そもそも今年度うちのグループは学生が3人減ったので、実験台の割り当ても余裕がある。なので、ぼくのような非常勤実験者も少し肩身が広くなった。
 今日は文字通りのクロマトグラフィーというわけで赤色色素の分離カラム。目的の微量成分は大量にある直前溶出成分とかなり重なって、一度できれいには分離できなかったのはちょっと残念だったけれど、まあ半年ぶりにしてはよしとしよう。実験は楽しいし、また次の段階で分離する楽しみがあるというものだよ。

Dsc_0081

« 大路の春を疑わず | トップページ | 「写楽殺人事件」 »

無料ブログはココログ