« ミサ・ソレムニス | トップページ | 名曲のたのしみ »

2012年5月26日 (土)

コカ・コーラペン

 今週一番の感動は、洞爺湖マラソンでもミサ・ソレムニスでもなく、たった一本のサインペン。それが、メッセージを書き込めば夢がかなう(かもしれない)魔法のコカ・コーラペン。
 ちょっとしたありがちなアイディアだけど、それをシンプルに感動的に仕立て上げたところがうまい。「シークレット・メッセージ」か、誰しもがホロリとさせられる。みごと断トツの得票で2010年販促会議賞グランプリに輝いたこの作品。きっと元少年少女だった大方の投票者たちは一瞬遠い目をして柄にもなく胸キュンして一票を投じたのに違いない。ぜひ上記webページのコカ・コーラボトルをクリックしてPDFをみてください。中の、いくつものメッセージボトルが並べられたMESSAGE BOTTLE COLLECTIONのページ。それぞれのメッセージの数だけ物語がある。思わず画面を拡大してひとつひとつ読んでしまう。そしてまた泣かされる。
 作者のコメントがまたいい。「このアイデアはちゃんと伝わりさえすれば、早速やってみよう!とペンを取る人や、学生時代の叶わなかった恋を一つ二つ思い出す人がいるはずだと信じていたからです。(中略)この企画が実現して、シークレット・メッセージで恋を成就させるカップルが一組でも生まれたらいいなぁ…と素朴に思っていたりします」。いやあやってほしいなこの企画。売れると思うけどな。少なくともぼくは買うな。でもコカ・コーラかぁ、黒烏龍茶で同じことできないかな。いやいやコーラというところがいいんだよね(笑)。
 ところでこの宣伝会議の販促会議賞なるものをぼくが知ったのは、今年の北海道大学高等教育推進機構アカデミック・サポートセンター(ASC)主催のスタディスキルセミナーの資料。このやたら長い名前のセンターにぼくがかかわっているという話は以前のエントリに書いたけど、そこで「ノート&予習・復習」、「レポートの書き方」、「プレゼンテーションの方法」という三連セミナーがあってちょうど昨日の金曜日が最終回だった。そのなかのプレゼンの例として使われていたのがこれ。アニメーションもムービーもないたった10枚のpdfページでこれだけの感動を伝えられる。さすがにプロの技としかいいようがない。

120526
 今日のランニング。25.0 km/161 min。今月の累計距離 225.4 km。

« ミサ・ソレムニス | トップページ | 名曲のたのしみ »

デバイス・グッズ」カテゴリの記事

大学・教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ