« 飛び石 | トップページ | 「自転車はここを走る!」 »

2012年5月 2日 (水)

「螺鈿迷宮」

★★★☆☆。
 “チームバチスタ”に始まる田口・白鳥もののサイドストーリー。舞台は東城大病院ではなく同じ桜宮市にある桜宮病院。最先端思想による終末期医療を担うその病院での相次ぐ患者の不自然な死。内実を探るために送り込まれた落第医学生天馬大吉と、そこへ現われた白鳥・姫宮コンビ。悲しい因果関係で結びついた登場人物たちの破滅的な終焉。まあそういう話だ。
 白鳥は相変わらずだけど、いまひとつ精彩を欠くのは田口が登場しないからなのだろうか。いかに有能な漫才師でも相方がいなくては能力の発揮のしようがない。ぼくがこのシリーズを読み続けているのもひとえに田口のファンだからなので、正直物足りない。代わりに活躍する大吉君はまあまあだし、“ジェネラルルージュ”でその異才ぶりの片鱗を遺憾なく現した姫宮の活躍?もおかしいけれど、全体的に今ひとつ。
 終末医療、人間の死、それをとりまく医療事情の問題提起という社会派ミステリでもあり、桜宮病院院長桜宮巌雄の医学観など傾聴すべき深い内容も含まれてはいるが、準主役たる小百合、すみれの双子姉妹の肉付けとかも不足しているし、惜しいとは思うけどもう一歩なんだよな。

Img_3447
 今日のランニング。20.1 km/134 min。今月の累計距離 20.1 km。

« 飛び石 | トップページ | 「自転車はここを走る!」 »

無料ブログはココログ