« GPSロガー | トップページ | 晴走雨読 »

2012年5月 5日 (土)

「ラン」

★★★☆☆。
 森絵都のスポ根ものというと「DIVE!!」。実はぼくは今ひとつ全面的に称賛できなかったのだけれど、あれはまあそれなりによく書けていたとは思う。その作者によるこんどは「ラン」。帯の惹句に“わたしは走り続ける。あの空の先まで”。とこうあると、読んでみようかなという気になるよね。でも、これはスポ根ではなくて家族小説なんだよね。マラソントレーニングのシーンはあるものの、あくまでもそれは手段でしかない。先入観なしに割り切って読めばそれなりだとは思うけど...。
 死後の世界とかそこへの通路とか、そういう舞台装置についてどうこうはいわない。小説なんだからまあなんだっていいし、超常物を否定したら、宮部みゆきも伊坂幸太郎も道尾秀介も読めなくなってしまう。40キロを走れるようになりたいという動機だって人さまざまだろうし、それが天上界へ到達する手段であっても問題ない。だけどひとつの小説としてみたときに、そういう部分と、ドコロさん率いるイージーランナーズとを結びつける必然性がなあ、今ひとつだと思う。余計な前提なしにイージーランナーズの久米島マラソンまでのドタバタだけを書けばよかったんじゃなかろうか。ドコロさんはじめ、8人のメンバーのそれぞれをもう少し書きこめば、それだけで素人ランナーたちがフルマラソンを目指す物語として十分おもしろくなるのに。
 「DIVE!!」のときも、この作者スポーツしたことあるんだろうかみたいな感想を書いたけど、そっかそういうことなんだよな。二度も惹句にだまされる方が悪いのだ(笑)。

Img_3446
 今日のランニング。17.0 km/115 min。今月の累計距離 50.2 km。

« GPSロガー | トップページ | 晴走雨読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ