« 全国国公立・有名私大相談会 | トップページ | ほろにが »

2012年7月30日 (月)

物言い

 東京横浜をうろついている間にオリンピックはどんどん進んで、柔道女子の48 kg級の福見、52 kg級の中村がともに敗退という番狂わせ。この階級で金どころか1個もメダルが取れないとは、まったく勝負はやってみなければわからない。それはともかく、宿のテレビでVTRを見たけれど、今大会のジャッジはなんかおかしい。取り消しや修正の多いこと。なんでもビデオ判定を取り入れて場外の審判団から主審のイヤホンに情報が届くようになっているのだそうだ。判定が正確になるのは好ましいことだけど、そのたびに点数が変わったり試合が中断したりして、選手が集中できないのではと思ってしまう。
 で、極めつけが例の旗判定。男子66 kg級の海老沼-チョ(韓国)戦で、延長の末旗判定にもつれ込み、最初は青3本でチョの優勢勝ちが決まったのに、場外審判からクレームがついて異例の判定やり直し。こんどは白3本が上がって海老沼の勝ち。この醜態はVTRで何度も何度も流れたが、何度見ても笑える。審判の旗判定なんてセレモニーに過ぎないのだ。畳の上で見ている主審・副審の存在価値ってなんなんだろう。これなら場外審判団からリモコン操作でロボット審判に旗を上げさせたらいいのでは。変なシステムだなと考えていて思いついた。これ、相撲の行司と土俵下の検査役の関係に似てるね。行司は1人で見切れない場合があるので、軍配に疑義があると土俵下から物言いがついて協議し、結果的に差し違えで逆転することがある。あれだ。なるほどそう思えば納得できなくもないのか(笑)。

120730http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120730/jdo12073008140011-n1.htm

 今日のランニング。12.2 km/82 min。今月の累計距離 264.1 km。

« 全国国公立・有名私大相談会 | トップページ | ほろにが »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ