« 鉄道ジャーナル | トップページ | お中元 »

2012年7月 7日 (土)

思君楼

 七夕。といってもこのあたりは旧暦で行うので実際には一ヶ月先だ。七夕に蕎麦を食べると健康にいい、なんてことは聞いたことないけど、たまたま所用で出かけたついでに知る人ぞ知る(らしい)思君楼で昼食。君を思う楼とはどういう由来があるのか知らぬが、また鄙の蕎麦屋には過分な粋な屋号だ。
 昼時とあって飾らないいなかの飲食店という風情の店内は20人ほどの客でほぼ満員。しばし待たされて出てきたのは太い褐色の手打ち蕎麦。この太麺蕎麦というのがぼくは実は苦手だ。口の中でくちゃくちゃ噛まないと飲み込めない。そのうちに出汁の塩気がどっかへいってしまって、しまいにはもそもそとなった蕎麦の塊を飲み込むハメになる。結構名高い蕎麦屋にこういうのを出すところがあるけれどなんで世評が高いのかいまいち理解できない。江戸っ子は噛まないでツルツルっと喉越しで食べるなんていうけれど、こういう蕎麦もそうやって食べられるのだろうかと思ってしまう。結構お年寄りが来店していたけれど、みんな歯が丈夫なんだなあと感心(笑)。

120707
 今日のランニング。25.3 km/170 min。今月の累計距離 70.1 km。

« 鉄道ジャーナル | トップページ | お中元 »

無料ブログはココログ