« 青春時代 | トップページ | 171位 »

2012年8月24日 (金)

「秘密」

★★★★★。
 秘密とは何か。こういうことなのだなと思って読み進んでいって、最後の最後にああそうかと初めて気づく。さすがにうまい。妻と娘が乗っていたツアーバスが事故で崖から転落し、妻は死亡、娘は一命をとりとめた。ところが意識を取り戻した娘の体にはなんと妻の意識が乗り移っていた。そこから娘でありながら妻でもあるという秘密をかかえた杉田平介の家庭生活が始まる。
 意識だけが残った妻である直子にしてみれば、体を小学5年生の娘である藻奈美に着替えて人生をやり直しているようなもので、時間差は逆だけれどちょっと北村薫「スキップ」のような時間超越物を想起させる。人に知られないように不自然な生活が続くものの、娘の体はどんどん成長するしこの先どうなって行くんだろうと結末が心配になる。結局は、うまいぐあいに藻奈美自身の意識が復活して徐々に直子の意識と置き換わるようになって、そして普通の父と娘の生活に収束していく。
 そういうエンディングなのかい。二重生活を送る平介の心情や行動がなんか不自然で共感できないし、まあ★3個だなと納得したところで、ドカンとひっくり返される。切ないね~この真相は。「カラスの親指」を思い出してしまった。そう、それこそが「秘密」だったのだ。

Img_3537
 今日のランニング。10.3 km/73 min。今月の累計距離 190.0 km。

« 青春時代 | トップページ | 171位 »

無料ブログはココログ