« 「風渡る」 | トップページ | ホワイトチョコレート&エスプレッソ »

2012年8月14日 (火)

夢はちゃんとかなう

 ロンドン五輪も終わってしまった。オリンピックは会期が限定されているので、いろいろな競技がギュッと圧縮されてドーッと終わってしまう。競技が重ならないようにだらだらと一ヶ月くらいやればもっといろいろライブで見られたのに、なんてそんなことになったら寝不足で体がもたないか(笑)。
 生の感動はやや薄れたところでおもしろいのが選手たちの名言集。あちこちのサイトに似たような言葉があがっていて、日本人選手の言葉は聞きあきた感があるので、外国人選手の言葉が新鮮だ。msn産経ニュースによれば、“陸上女子走り高跳びで予選敗退したスウェーデンのエバ・ユングマルクは「とても残念。人生でうまくいかないのは走り高跳びくらいよ」”。うまいうまいこのセンス。次は、“ボクシング女子の英国代表、ナターシャ・ジョナスはアイルランドの世界女王、ケイティ・テーラーに敗れ、「キッチンの流し台を投げつけるか、バスに乗ってぶつかったりできればと思ったけど、たぶん彼女はそれでも勝ったわ」”。わはは、よほど相手が強かったとみえる。そしてさすがなのは、“フランスのサッカー女子監督、ブルーノ・ビニは、3位決定戦でカナダに敗れ、「まるで恋のようだ。どんなに力を尽くしても何も返ってこない。私の瞳は泣くためにあるようなものだ」”。粋だねえ。日本人じゃこうはいかない。
 だけど、実はぼくが一番シンプルに感動したのはYOMIURI ONLINEにあった、“卓球女子団体で銀メダルを手にした福原愛選手(23)。3歳から始めた卓球。「小さい時から五輪でメダルをとるのが夢で、夢はちゃんとかなうんだな、頑張ってきて良かったなって……」と涙が止まらなかった”。夢はちゃんとかなう、胸張ってそう言えるってなんてすばらしいんだろう。ほんとにおめでとう。

120814

« 「風渡る」 | トップページ | ホワイトチョコレート&エスプレッソ »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ