« 森口騒動 | トップページ | ファイナルステージ »

2012年10月16日 (火)

再改造

 何やらおもしろいニュース(PDF)がはいってきた。学園都市線電化で不要となった141系PDCをJR東日本が購入して改造の上、岩手県の釜石線を中心とした東北エリアでのSL銀河鉄道の客車に転用するのだそうだ。牽引機は岩手県営運動公園に静態保存されているC58239を整備して充当するが、釜石線の勾配区間では単機牽引できないので、141系の動力を生かして協調運転?するという。
 しかしすごい発想だなあ。141系はもとは50系客車を改造したものだから、種車に戻して使うのかと思ったら、動力車のままで使うらしい。足回りはそのままで車体だけは客車らしく化粧直しするわけね。写真ではよく見えないけれど、なんか前頭部はそのままみたいに見えるな。まあイメージ画像だから色だけ変えてくっつけたのかも。2013年度冬以降というからまだ先の話だけどどうなるものか楽しみだ。
 141系といえば、学園都市線では6月に大幅運用削減されて細々と走っているものもあと10日ほどで全廃になる。143形はキサハを抜いた上でワンマン化2両ユニットにして室蘭線に配転、141/142形は一部ミャンマーに輸出して残りは廃車ということだったはず。毎朝見かけるあいの里公園始発1534D用の送り込み編成(回1537D?)が141/142の6連で、このところ車番も毎日同じなので限定運用されているのだろう。初期PDC車である141/142形はもうこれで最後だから貴重だ。乗っておかないと。

121016
 今日のランニング。6.1 km/42 min。今月の累計距離 93.2 km。

« 森口騒動 | トップページ | ファイナルステージ »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

無料ブログはココログ