« 無著菩薩立像 | トップページ | 「老人力」 »

2012年10月30日 (火)

不発弾

  またこれはすごいニュースだな。仙台空港で東日本大震災の浸水にともなう復旧工事中に米軍の不発弾が発見され、その処理のために今日のすべての国内線定期便92便が運休となった。空港の滑走路間近の地中に60年以上前の太平洋戦争時の不発弾がまだ埋まっていたというのも驚きだけど、それが震災復旧工事で排水路を掘削中に偶然見つかったというのもなあ。震災がなければ知らずに埋まっていたわけだから。取りあえず鉄板とコンクリートで覆う応急処理をしたうえで明日の航空便は平常通り飛ぶことになったようだ。といってもきちんとした処理はこれからで、近日中に近隣住民を避難させたうえで信管を外す作業をするのだとか。不発弾というのは投下されても爆発しなかった不良品だから不発弾なわけで、ならちょっとやそっとの衝撃には安全なような気もするけれど、まあ万が一ということなのだろう。たとえば羽田だって東京大空襲があったのだし大丈夫なのだろうか。もし偶然変なものが見つかって全便運休なんてことになったらえらいことだ。触らぬ神にたたりなし。むやみにあちこち掘り返すのも考え物だな(笑)。

121030

« 無著菩薩立像 | トップページ | 「老人力」 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ