« あかじ坂 | トップページ | 「エデンの命題」 »

2012年11月22日 (木)

梅屋敷

 京急蒲田駅は3階が下り線、2階が上り線の二重高架になっていて、羽田空港へは上り側品川方面からと下り側横浜方面からと両方向からの直通列車があるので、空港線の京急蒲田~糀谷間は複線といっても方向別ではなく単線並列になっている。つまり、高架の糀谷駅から京急蒲田駅に向かって左側の線路(A)は勾配を上って京急蒲田の3階ホーム(本線下り)につながり、右側の線路(B)はそのまま2階ホーム(本線上り)につながっている。なので、品川方面からの空港直通列車は京急蒲田で3階ホームにはいってからAをたどって空港線にはいる。逆に空港から品川方面へ行く列車はBを通って2階ホームに向かう。それが横浜方面からの空港行きは京急蒲田2階ホームに着いたあとでBを通って空港線へはいり、空港から横浜方面列車はAを通って3階ホームにはいるという寸法。ややこしい。
 糀谷駅は蒲田駅の3階に向かうのが南側上り方向、2階に向かうのが北側下り方向で、駅直後のシザーズクロスで振り分けている。ということは直通列車本数の多い品川方面直通の上下列車は糀谷駅西方で平面クロスすることになる。逆に横浜方面直通はクロスしないので、蒲田~糀谷で離合が可能だ。列車密度からいったら逆だよな。なんで糀谷西方の配線はこうなってるんだろう。工事の都合でしようがなかったのかな。
 まあ、でも狭い蒲田駅で電車運行を止めないで順番に線路を動かしながらよくぞ完成に漕ぎつけたものだ。帰りの今日は時間があったので梅屋敷駅(蒲田の一つ品川より)で途中下車して蒲田への上下線の分離具合を観察した後、下り普通電車で蒲田の3階ホームに着いて、接続の空港行きが横浜方面からの列車だったので2階ホームに移動して乗車した。写真は本線梅屋敷駅から蒲田方向を見たところ。

121122

« あかじ坂 | トップページ | 「エデンの命題」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

無料ブログはココログ