« スーパーこまち | トップページ | 「ドミノ」 »

2012年11月 9日 (金)

珠玉

 キタラに来たら雨、なんちゃって。冗談抜きでまた雨だ、まったく。今夜は「皇帝」とエルガーの第一交響曲というプロ。「祈り」のエントリに書いたように、壮麗かつ繊細なベートーベンの魅力がギュッと凝縮された「皇帝」はぼくの大好きコンチェルトのナンバーワン。いくら雨だとてこれを聞き逃すわけにはいかない。
 ソロを弾いたジョン・リルがとにかくすごかった。このところピアノソロというと女性か優男ばかりだったので、堂々たる体躯のおっさんが出てきたときにはあれれと思ったけど、なんて言ったらいいんだろう。見かけと全然違って(失礼)、音の一つ一つのころころ転がる宝石のように透明で美しいこと。誰しもが息を詰めて聴く第二楽章から終楽章へつながる部分が白眉。第二楽章の最後の音がため息とともにこぼれ落ちる珠玉のよう。こんなに美しい「皇帝」は聴いたことがない。いや多言無用。

Dsc_0477

« スーパーこまち | トップページ | 「ドミノ」 »

音楽」カテゴリの記事

無料ブログはココログ