« 意向投票 | トップページ | 「千利休 無言の前衛」 »

2012年12月 6日 (木)

オレカ

 JRグループのオレンジカードが来春3月末で販売を終了するのだそうだ。え、まだ売ってたの?というようなものだけど、これも時代の流れなんだろうな。JR北海道はグループ中でも最後まで熱心に販売していたほうだと思うけど、さすがに最近はとんとお目にかからなくなった。今となっては信じられないけれど、以前は千歳空港行きの快速「エアポート」の車内を車掌が北海道のおみやげにオレンジカードはいかがですか、全国のJRで使用できます、と売り歩いていたものだ。販売ノルマでもあったのだろうか。車内販売といえば、「北斗星」や「トワイライトEXP」などでは限定販売という触れ込みで必ず売っていた。ぼくも何枚か買ったことがあるし。そういえばとカード箱をひっくり返してみたらたくさん出てきた。あいの里教育大駅10周年ていつのだろう、中島朋子シリーズなんてお宝じゃないかなあ。
 磁気カード全盛の頃は各私鉄がそれぞれカードを発行していていろいろ集めたものだ。それがスルッとKANSAIとかパスネットとか共通化され、iOカードみたいに改札機を直接通れるようになって、そして今の非接触型ICカードにとって代わられてしまった。そのICカードも各社共通化が進んで来春には全国のかなりの部分が相互利用可能になる。時代は変わったものだな~、と思うのはトシをとった証拠かね(笑)。

Img_3884

« 意向投票 | トップページ | 「千利休 無言の前衛」 »

デバイス・グッズ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

無料ブログはココログ