« 2271.7 km | トップページ | ストップ »

2012年12月29日 (土)

「ツナグ」

★★★★★。
 辻村深月は気になる作家の1人で、以前「冷たい校舎の時は止まる」を読んでストーリー展開やトリックはともかく、そのあまりの冗長さに辟易したあとも、こんなはずではないなあと納得いかなくて、人におススメ作品を聞きまわったりしていた。で手にした2作目が話題の本作。掛け値なくすばらしかった。ほらやっぱり、という感じ。本年度上期直木賞作家の感動長篇、という触れ込み通り。構成から文章から同じ人が書いたのかと思うくらいうまい。そして何より重要なことに、感動した。泣いた。
 生者が望んだ死者に会うことができる。ただし望むのも望まれるのも一生にたった1人だけ。この設定がうまい。自分にとって本当に大切な人は誰かが問われると同時に、相手にとって自分が本当に大切な人かどうかが問われる。両者が合致しないと再会は成立しない。まずは4組の生者と死者の一夜の再会の物語が綴られる。それぞれの話はまったく別個でそれがひとつの短篇小説になっている。ああこれはこういう連作ものなんだなと思ったら、最後の1篇でそれらが一つにつながっていることに気づく。タイトルの意味がわかる。この連作長篇(まさにそういう構成になっている)の主人公は生者でも死者でもなく、その橋渡し役の使者(ツナグ)なのだと。最終篇は、使者役を祖母から引き継ぐ少年の物語。超常能力者の家系につながるその少年は幼くして両親を不可解な事件で亡くしており、その事件の意外な真相が最後に明らかになる。そう、なんでもない連作ファンタジーだと思わせておいて、これは実はひとつながりのきっちりとしたミステリーなのだ。何という構成だろう。うますぎる。
 生者と死者が出会う4つのエピソードもそれぞれがなかなかに興趣に富んでいるが、なんといっても「待ち人の心得」が抜けている。類型的といってしまえばそれまでだけど、この切ない純愛ストーリーには涙が止まらない。「異邦の騎士」の石岡君と良子さんそっくり、といえば読んだ人ならうんうんとわかってくれるに違いない。最後の最後にいい作品を紹介できてよかった。

Img_3886

« 2271.7 km | トップページ | ストップ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ