書籍・雑誌

2012年12月29日 (土)

「ツナグ」

★★★★★。
 辻村深月は気になる作家の1人で、以前「冷たい校舎の時は止まる」を読んでストーリー展開やトリックはともかく、そのあまりの冗長さに辟易したあとも、こんなはずではないなあと納得いかなくて、人におススメ作品を聞きまわったりしていた。で手にした2作目が話題の本作。掛け値なくすばらしかった。ほらやっぱり、という感じ。本年度上期直木賞作家の感動長篇、という触れ込み通り。構成から文章から同じ人が書いたのかと思うくらいうまい。そして何より重要なことに、感動した。泣いた。
 生者が望んだ死者に会うことができる。ただし望むのも望まれるのも一生にたった1人だけ。この設定がうまい。自分にとって本当に大切な人は誰かが問われると同時に、相手にとって自分が本当に大切な人かどうかが問われる。両者が合致しないと再会は成立しない。まずは4組の生者と死者の一夜の再会の物語が綴られる。それぞれの話はまったく別個でそれがひとつの短篇小説になっている。ああこれはこういう連作ものなんだなと思ったら、最後の1篇でそれらが一つにつながっていることに気づく。タイトルの意味がわかる。この連作長篇(まさにそういう構成になっている)の主人公は生者でも死者でもなく、その橋渡し役の使者(ツナグ)なのだと。最終篇は、使者役を祖母から引き継ぐ少年の物語。超常能力者の家系につながるその少年は幼くして両親を不可解な事件で亡くしており、その事件の意外な真相が最後に明らかになる。そう、なんでもない連作ファンタジーだと思わせておいて、これは実はひとつながりのきっちりとしたミステリーなのだ。何という構成だろう。うますぎる。
 生者と死者が出会う4つのエピソードもそれぞれがなかなかに興趣に富んでいるが、なんといっても「待ち人の心得」が抜けている。類型的といってしまえばそれまでだけど、この切ない純愛ストーリーには涙が止まらない。「異邦の騎士」の石岡君と良子さんそっくり、といえば読んだ人ならうんうんとわかってくれるに違いない。最後の最後にいい作品を紹介できてよかった。

Img_3886

2012年12月25日 (火)

「春にして君を離れ」

★★★★☆。
 アガサ・クリスティを読むのは何年振りだろう。早川書房のクリスティ文庫81か、そんなシリーズあるんだ。それにしても81冊目とはすごい。多作だけどすべて水準作で駄作がないのがクリスティ。どれをとっても安心して読める。作品数が多いので何を読んで何をまだ読んでないのかわからなくなるのが難点だ。ぼくは中学時代に「アクロイド殺し」を読んで驚倒したのが最初で、それから脈絡なくあれこれ読み散らかしているので読了と未読がさだかではない。
 さすがにこのタイトルは記憶になかったので手に取った。そしてびっくり。これはミステリではなく心理小説ではないか。それも最上級の。この人の芸域の広さにはまったく感服する。結婚して3人の子供を立派に育て上げた自信満々の女性が、娘の嫁ぎ先のバグダッドから陸路イギリスに帰る途中のトルコ国境で天候不順により足止めされ、所在なく滞在所でひとりの時間を過ごすうちに、あれこれと考えごとを始める。作品のほとんどがその一人称回想シーンだ。記憶をたどるにつれふと心に兆す疑念。疑心暗鬼とはよくいったもので、自分の立居振舞が間違っていたのではとどんどん不安になる。
 もちろん考えても結論は出ない。無事開通した列車に揺られて夫の待つ家に帰りついたときには、もう元の自分にもどっている。ちょっとした種明かしが末尾にされていて作品は閉じられる。さて、本書の値打ちはさらにその先にある。あの栗本薫が解説を書いているのだ。たった4頁の解説が本文にもまして深い。う~むとうならされること請け合い。女はこわい、いつもそればっかりやな(笑)。

Img_3892

2012年12月23日 (日)

3分割

 忘年会から帰った夜にAmazonにオーダーした文庫本6冊が昨日今日と届いた。相変わらず速い、のはいいのだけれど、たかだか文庫本6冊が3個の荷物に分かれて別々に配送。バラバラ来るのは面倒なので注文時に一括配送と指定しているのに、こういうことがよくある。しかし6冊を3分割はやりすぎだろう。いくら送料無料だからこちらの懐は痛まないとはいえ、たたでさえ物流の多いこの時期に迷惑なことだ。
 最初の2冊は12/20に大阪府堺市配送センターを出てゆうメールで12/22に到着、次の3冊は12/20に佐賀県鳥栖市配送センターを出てヤマト便で12/23午前到着、最後の1冊が12/20に福岡県福岡市配送センターを出てゆうメールで12/23午後に到着。在庫を分散管理しているので出先が異なるとこういうことになるのだろうな。ヨドバシのネット通販のように最寄り店舗から直送すれば札幌でも即日配達できるので、一ヶ所で集中管理するよりも結局は効率がいいのかもしれない。ただすべての配送センターに同じ在庫を揃えるのは無理なので、こういう一見無駄な配送が生じるのだろう。
 いずれも特に変わった本ではないので、ぼくが手間暇を惜しまずに市内の大型書店へ出向けば全部手に入れるのはおそらく難しくない。酔った勢いでポチっとやるのは簡単ではあるが、そのために多くの人手をかけて大阪やら九州やらからはるばる運ばれてくるというのも申し訳ないような、と複雑な心境。

Img_3904
 今日のランニング。13.8 km/103 min。今月の累計距離 107.5 km。

2012年12月21日 (金)

「あるキング」

★★★★☆。
 そういえば伊坂幸太郎久しぶりに読んだ気がする。「ガソリン生活」は完結したらしいけど実は挫折して途中から読んでなかったし。本作、今までの伊坂作品とはひと味違う!という触れ込みだけど、全然違わないし(笑)。伊坂ファンならずともこれを読んで作者名を当てられない人はいないだろう。丸まんま伊坂幸太郎以外ありえない。
 不思議な物語であることは違いないかも。ミステリーではないしスポーツ小説ではないし。何が言いたいんだ、という気がしないでもない。でも作品には明らかなメッセージとかプロットとかがなければならないというわけではないので、本作の場合は伊坂幸太郎的雰囲気を満喫できればそれはそれでいいのじゃないだろうかね。
 シェークスピアの「マクベス」が通奏低音のように作品内に流れている。マクベスは読んでないのでその引用の当否を論ずることはぼくにはできない。で、ぼくが一番気に入ったのは大リーガーヨギ・ベラ(実在人物?)の「試合は終わるまで終わらない」ということばだ。う~む深い、という人とは共感し合える。当たり前じゃんと一蹴する人とは永久に他人だと思う。この人、意味不明ながら深読みされそうなおかしな名言をたくさん残した、と書かれているので、実話ならその名言集を掘り起こしたいものだと切に思う。
 やっぱり変な小説だな。何が面白いんだといわれると困るけれど。ひと味違うというのはやっぱりそうなのかな...。

Img_3896

2012年12月19日 (水)

「透明人間の納屋」

★★★★☆。
 ミステリーランドシリーズというのが何なのかよく知らないんだけど、これはその1冊ということだ。若い世代向けなのかな。ただし、島田荘司のことだからもちろん手を抜いていない。きっちりしたミステリーに仕上がっている。
 分類でいうと人間消失トリックということで、透明人間になって抜けだしたのではということになってそれらしい伏線も張ってあるのだが、もちろん実際にそんなことはあり得ないので合理的な解決がされる。この著者をたくさん読んでいればこの程度のトリックには驚かないし、ありきたりだなというほどのものだけど。
 ストーリー展開はさすがに手慣れてうまい。真鍋さんとヨウちゃんの掛け合いがほのぼのとして、それでついだまされてしまう。ほんとに透明人間や宇宙人だったらどれだけ素敵だったろう。実際は年中きれいな花が咲き乱れて、お金がなくてもみんな平等に暮らしていける国なんてこの世にはありえないし、あるとすればそれは洗脳された頭の中だけだ。明らかにされる事実はあまりにも現実的というか、ああそういうことねと暗澹とするしかない。こういうプロットをすらっと書けるというのはしかし強い作家だなと思う。

Img_3891

2012年12月15日 (土)

「光の帝国」

★★★★★。
 3冊目にしてこの作者の代表的シリーズであり多くの支持をえている常野物語登場。不思議な物語だった。常野という東北地方のある地域に出自をもつ異能者の集団。それが訳あって散り散りに暮らしている日常が連作短篇になっている。
 それぞれが独立した超常能力者たちの日常生活で引き起こすエピソードを読んでいくうちに、読み手のうちに常野という尋常ならざる一族のイメージがぼんやりと形作られて行き、それが中ほどに配置された「光の帝国」という表題作で炸裂する。ここで、すべての関係が明らかにはならないものの、彼らの負ってきた凄惨な歴史が明かされ、一気に物語は加速する。気がつけばそれぞれの短篇の登場人物は当然のことながらお互いに連関しており、それぞれの人生が綯い交ぜになりながら全体の大きな流れを構成しているのだなということがわかる。
 そして最終篇、「―そうだな、みさきは笛がとっても上手だったな」、というツル先生の述懐に読み手は胸がいっぱいになって涙する。もう常野物語のとりこになっている。もう一度書く。不思議な物語だ。常野一族のなんと不思議でそしてなんと魅力的な。けなげに生きる彼らの続篇が読みたい、と切に思う。

Img_3895
 今日のランニング。13.5 km/100 min。今月の累計距離 67.5 km。

2012年12月13日 (木)

「背の眼」

★★★★☆。
 この作者の最初期の作品。ホラーサスペンス大賞特別賞だそうだけど、とりわけホラーでもサスペンスでもないような。少なくともホラー嫌いのぼくでもちっとも恐くなかった。真備庄介という心霊探求家が探偵役でその友人のその名も道尾秀介がワトスン役。それと真備のアシスタント役の北見凛の3人が中心となって事件解決を図るというまあミステリー。真備と道尾の関係が御手洗潔と石岡君に似ているとか、いやいや最後の憑き物落としはまるで京極堂だとか、いろいろ言われている。まあそれはともかくこの3人組の人物造型は成功していると思う。ぼくは好感をもった。
 ストーリーと謎解きに関しては、超常現象ものでもあるのですべてが最後にきちんと割り切れるとはいかないけれど、まあまあなんじゃないだろうか。初期作だからかこの作者にしてはおとなしい感じすらある。で真相はというと悲しい物語りというしかない。「神さまはいるのだろうか。どこかに。いるのだとすれば、その神は―。」 なんともはや。だからその行きつく先の読後感はとても爽やかとはいかないのが残念。そっかだからホラーサスペンスなのかね...。

Img_3845

2012年12月 7日 (金)

「千利休 無言の前衛」

★★★★☆。
 最近赤瀬川センセイづいちゃってるな。とうとう岩波新書まで。月に3冊ずつ発行される岩波新書、昔は今月はどれにしようかなと必ず1冊ずつは読んでいたものだ。1冊180円の頃か(いつの話だよ)。それが最近はしばらく読んでない。このブログを初めてからほぼ3年にして初めての登場では...、ということはさすがになくてちゃんとここにあった。
 それはともかく赤瀬川原平が岩波新書書いてるとはねぇというのは偏見だろうか、あるいは岩波も柔らかくなったということか。しかも千利休ときた。タイトルからしてまっとうな芸術評論かと思いきや、いやこの著者だからそうは思わないが、自由奔放な論旨展開に、おおそう来なくてはと膝をたたく。それでいて赤瀬川という人を知らずにまじめな千利休論を期待して読んだ人にも納得いくであろう評論に達しているところがなかなかすごい。まったくただものではない。
 なんといっても白眉はIII 利休の沈黙の章だろう。あまりに小市民的な新聞紙の畳み方、蛇口の洗い方、財布の紙幣の並べ方、それらがいちいちうんうんとよく理解できてめちゃおかしい。してそれだけなら読み捨てエッセイにしかならないのが、ちゃんと利休論につながっていくすごさ、いや凄さ。

Img_3885

2012年12月 4日 (火)

「路上観察学入門」

★★★★☆。
 この本の正式なタイトルはどっちなんだろうか。カバー表紙には「路上觀察學入門」とあるのに、背表紙を含め他はすべて「路上観察学入門」となっている。カバーだけ旧字体を残したんだろうよ、ということなのかもしれないが、本の主題が「観察」であるだけに気になって仕方がない。しかも學はともかく觀なんてそうそうお目にかかる字ではないし。
 というぐあいにタイトルすらも物議をかもすというすごい本なのだこれは。まあ、中身は「超芸術トマソン」や周辺を読んだことのある人ならば、ああ、ああいうたぐいね、と予想範囲の内容なのだが。出だしのマニフェストは肩肘張り過ぎで硬い感じだけど、次の座談は内輪話ながら全体像をつかむのに好適。そして、この本の主題は何といっても半ばを占める8人のフィールド・ノートだろう。なかでも圧巻は林丈二「路上の正しい歩き方」。これはしかし何というか。単なる道歩きの何と豊饒なことだろう。この人には退屈や暇つぶしという概念はきっと皆無なのだろうな。こんなに面白いものならばぼくも町を歩きたい!とすぐにでも靴を履いて外へ出たくなること請け合い。ただし、札幌のような新開地では興味半減だろうなこれは。東京ならこれが書かれた時代から時を経ているとはいえ今でもいろいろと残っていそう、と坂めぐりで町歩きをしているぼくは思う。あとは南伸坊の宿題も結構いける。胎児が流れてきたのにはびっくりだけど。実話かいな。それからトマソンの超絶驚愕写真で世間を震撼させた煙突人間飯村昭彦がここにも登場。あまりリアルに書かないでほしい。読むだけでも身ぶるいがする。おおこわ。

Img_3873

2012年12月 3日 (月)

ベストセラー

 今年のベストセラー本第1位は「聞く力」。へえ~。書籍取次のトーハンが毎年集計している年間ベストセラーというのがあるらしい(知らなかった)。上位20冊を見てみると。知らない本やらどうでもいい本やらが目白押し。次に読みたい本の指針にでもなるかと思いきやとてもとても。なんでこんなものが売れるのかリストになっている。ちなみにぼくが読んだ本は2冊だけランクインしていて、5位に「舟を編む」、17位に「謎解きはディナーのあとで」。う~む、舟を編むはともかく謎解き~は昨年の本じゃないの。
 トーハンのwebサイトへ行ってみたらジャンル別のベストセラーがあって、文庫総合というのがあったのでこれだこれだと重いページを開いてみたら、なんと1位は「ビブリア古書堂シリーズ」。まあねえ~軽いノリで悪くはないけどさすがに横綱を張れるほどかいな。どうもシリーズものは総計でカウントされるらしいから有利だよね。こちらは20位まででぼくが読んだのは5種かな。だけど8位に「三匹のおっさん」とか20位に「永遠の0」とか★2個の低評価をつけたものが軒並みランクインしていて複雑な心境。なんなんだろう。ぼくの好みが偏ってるのか。ああそうかい(笑)。

121203

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ