大学・教育

2012年12月 5日 (水)

意向投票

 バタバタとこの年末に衆院選が公示されて16日の投票日へ向けて走り出した。史上最高の12党の乱立だそうだ。これでも維新と太陽とか生活とみどりと減税と何とかとかいわゆる第三極といわれる雨後の筍政党が合同して数は減ったのだから、そもそももとをただすと何が何だかわからない。いずれの政党も過半数を取れるほどの勢いはないから、選挙後はまた連立だ合同だという有象無象の離合集散になるのだろう。まったくそのエネルギーをまっとうな政策実現に向けてほしいものだよ。
 ひと足早く、うちの大学では今日が総長選挙投票日。正確にいうと今は全体の選挙ではなくなっているので、意向聴取対象者における意向投票というのが正しく、この結果で直に次期総長が決まるわけではないのだけれど。これもややこしい話だな。昔、まだ学長といっていた頃は教員による文字通り選挙が行われていて、その時は学内一ヶ所の投票所(体育館)にわざわざ15分歩いて投票に行ったものだ。それも一次、二次、決選と毎日繰り返しだったので大変だった記憶がある。今は部局内に投票所があるのでラクではあるけれど、それとともにわれわれの一票の重みも軽くなったのだな。

Dsc_0536

2012年11月13日 (火)

ノルマ終了

 10月あたまから毎週火曜日夕方にやっている大学院の英語講義が今日の6回目でぼくの担当は終了。やれやれだ。うちの大学院には英語で教育・研究をやる留学生向け特別プログラムがあり、そのために大学院講義は半ば強制的に英語使用が求められている。これまでは第一水準とか第二水準といって英語化の度合いもさまざまだったのが、つい先ごろ文科省から延長が認可された新プログラムでは英語化率の向上が強く求められているので、これまで以上に締めつけは強化されそう。
 ぼくの大学院講義(3科目計9コマ)はもうかなり前から完全英語化しているので、そういう意味では毎年同じことをやっているだけなのだけれど、日本語の学部講義とは異なって毎年事前練習が必須で、しかも練習しても毎回うまくしゃべれなくて自己嫌悪に陥るのが常だ。この秋のメニューが今日で終わってまったくホッとしている。
 練習でしゃべってみたのを録音して聴き直して修正するとかすりゃいいんだよなと思うが、とてもそんな勇気はない。恥ずかしくて5分と聴いていられないに違いない。日本語の講義でも、授業改善にはビデオ録画して見直すとか教員相互に見学するとか、いろいろ方策が言われているけれど、とてもじゃないけどぼくには無理だ。学生には申し訳ないけどまったく教師には向いてないんだよなと思う。

Dsc_0481
 今日のランニング。6.9 km/46 min。今月の累計距離 65.4 km。

2012年11月 5日 (月)

イチョウ並木

 先週中頃からこの週末にかけてずっと雨が降ったり止んだりのあいにくの天気だった。おかげでこの土日は走れずじまい。これからの季節はちょっとの晴れ間を縫って走らないとなかなか距離を稼げない。これが真冬になってしまえば雪は降られても支障がないのであって、今の時期の冷たい雨が一番始末が悪い。
 今日は久々に青空が広がりまずまずの天気。キャンパス北部の建物で午後二つの会議。時間的につながっていてラッキーと思いきや一つ目のが何とたったの5分で終了。中途半端に時間が空いて仕方なく1回オフィスにもどったので、結局2往復する羽目になった。まあ天気でBD-1だったので何てことはないけれど。ライトアップやらライブステージやらの週末のイベント(金葉祭だったかな)も雨にたたられていたイチョウ並木が好天に誘われた大勢の人でにぎわっていた。黄葉の盛りはまだもうちょっとかな。最新情報はこちら

121105
 今日のランニング。10.2 km/64  min。今月の累計距離 10.2 km。

2012年11月 2日 (金)

不認可

 田中真紀子文科相、やってくれたねえ。大学設置・学校法人審議会が認可を答申していた来春開校予定の3大学の新設を不認可としたというニュース。多数の私大が定員割れしている今の時代にさらに大学を増やすなんて何を考えているのだろうか。基準を満たしているからといってどんどん認可していたら共倒れになるのは必至。これから必要なのは量ではなくて質だろう。審議会が認めたものを大臣が恣意的にひっくり返すのはいかがなものか、という意見もあるみたいだけど、大臣はそれくらい権限があっていいと思う。飾り物じゃないんだから、はいはいと審議会やら官僚やらのいうことを右から左にきいているようでは存在価値がない。
 不認可となったうちのひとつはうちからわりあい近い吉田学園の札幌保健医療大学(仮称)。今は専門学校としてある看護学科を大学に発展的改組するつもりだったらしい。だけどなあ、あの東区中沼という立地。よく夏にはランニングコースとして近くを通るけど、交通機関は路線バスのみ。夏はまだしも冬に吹雪かれたら陸の孤島で、通う学生が気の毒だ。いくら看護科人気とはいっても100人もの学生が集まるのだろうか。考え直した方がいいとぼくですら思う。

121102

2012年11月 1日 (木)

科研費

 今日は科研費の申請手続きの〆切日。正確には明日の朝9時なのだけれど、徹夜で仕上げる根性はないので今日の午後にweb送信した。新規課題の採択率は30%ていど。当たるも八卦当たらぬも八卦というか、2倍の抽選にすら外れる籤運の悪いぼくには部が悪い勝負なのだけど。あ、これは抽選じゃなかったな、要は内容が貧困だということか...。まあ当たる当たらないは別にして、こればかりは出さないわけにはいかない。科研費応募というのは研究者としての最低のノルマでもあるのだ。大学別の採択率が取りざたされるのは当然にしても、それとともに応募率というのも重要なファクターで、これが1を切るとあそこの教員は何やってるんだということになる。採択不採択は時の運としても、応募すらしないというのでは研究アイディアもやる気もないとみなされても仕方ない。というわけでこの時期はみんなねじり鉢巻き。
 それでもweb申請ができるようになってずいぶん楽になったよな。昔は紙媒体で必要部数コピーしてページを糊で貼り合わせ、応募種目別に色マジックで帯をいれてなどとやってたのだから。手書きだったかな、いやさすがにそれはないかな。いずれにしても内容吟味以前にものすごい手間だった。まあそこが楽になったからといって当たりやすくなったわけでは全然ないんだけど(笑)。

121101

2012年10月27日 (土)

進学相談会

 7月の横浜に続いて、今回は大学主催の進学相談会で名古屋へ来た。前回の横浜と違って北大だけのイベントで、学部ごとに教員が来ているので自分の学部の説明だけすればよいので楽だ。横浜はしゃべりっぱなしでえらい目にあったけど、名古屋という土地柄なのか思ったよりお客さんが少ないようで待ち時間があったり。まあ、でも聞きに来た高校生はみんな目がキラキラして意欲にあふれ、すばらしいなと思った。なにより若い(笑)。明日は昼から大阪で同じ相談会。まだ間に合うのでぜひたくさん来てくださいね。

Dsc_0453

2012年10月 2日 (火)

オリエンテーション

 今日は、学科2年生のオリエンテーション。例年大滝セミナーハウスで1泊2日の行程で、研究室紹介や親睦会という名の飲み会や工場見学なんかをやる。各研究室から教員1名参加なので、ふだんは3年に1度当番が回ってくるが、今年は学科長なので必須参加。
 なんといってもメインイベントはこれから延々と続く飲み会で、このトシになるとさすがに堪えそう。お手柔らかに(笑)。

Dsc_0419

2012年9月26日 (水)

学部・学科紹介

 今日は1年生向け学部・学科紹介の日。昨年やった顛末はブログに書いたので、同じ行事の話は別段書かなくてもよいのだけれど、今年は学科長担当で自分自身が出向いて学科紹介のプレゼンをやるはめになったので、まあ書いておこうかと。昨年同様午前午後に30分のコマを10コマつくり、各学科がいろいろなプログラムを組んで学科の紹介をするというもの。経緯等は昨年の記事を見てもらうとして、うちの学科は4コマの学科紹介と5コマの研究室ごとのポスター展示説明を交互に配するというプログラムを組んだ。そのうち30分のプレゼン4回分がぼくの担当。要はパワーポイントスライド28枚での同じ話を4回繰り返すだけの話なのだが、同じことの繰り返しだから楽だろうと思いきややってみるとこれがなかなかしんどい。
 講義や学会発表と違って1時間おきに同じ話を繰り返すなどという作業は経験がない。2度目にすでに嫌になり、4回終わるころにはほんとにうんざり。もうこのスライドは見たくないという気になる。同じ繰り返しなら音声ごとビデオに撮って流せばいいじゃん、その通りでそうしている学科もあったけれど、まあでも生身の人間が熱っぽく語るところに魅力もあるわけなので、やはり各回力を抜くわけにはいかない。というわけで疲れました(笑)。

Dsc_0410

2012年9月19日 (水)

ランチ

 学会で頭を悩ませるもののひとつが昼食。大学だと学食があるが混んでいるし、受付で配付しているランチマップをみて近在の飲食店に出向いても、関係者の姿ばかり。ぼくは非社会的人間なので、知り合いに会うといちいち挨拶したりしなければならないのが鬱陶しい。まあ大がかりなイベントなので仕方ないか。
 というわけで今日は少し遠出して穴場を発見。この絶景のカツカレー800円也(笑)。

Img_3720

2012年9月18日 (火)

東京農大

 今日から3日間、世田谷の東京農大で学会。ここは別の学会で何度も来たことがある。最寄駅は小田急線の経堂。といってもそこから細い道を南へくねくねと歩いて15分はたっぷりかかる。南側の東急線からだと桜新町が最寄駅だが、そっちはやや遠く20分近くかかる。いずれにしてもあまり鉄道アクセスはよくない場所だ。八丁堀からどう行くか。乗換案内におうかがいを立てるまでもなく、日比谷乗り換えで千代田線をつかまえるのだなと思いつく。
 朝通勤時間帯の日比谷乗り換えなんて恐ろしいなと思ったものの、実際にはさほどではなくごく普通に乗れた。しかもラッキーなことに千代田線が少し遅れていて唐木田行きの多摩急行がやってきた。これで経堂まで乗り換えなしで行ける。お、ということはこれにそのまま乗ってゆけば小田急永山まで行けるんだ。先週使えたかもな、時間的にもよさげだし、といってももう遅いしどうでもいいけど(笑)。

Img_3626

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ